国産ドッグフードがお勧め

自分たちが食べる食品に関して、外国産ではなく国産にこだわるという人は多いでしょう。国産であれば生産者の情報なども把握しやすいため安心感があります。一方で外国産の食品というのは、どうしても様々な不安がつきまとってしまいます。ドッグフードに関しても同じように国産を選んであげると良いでしょう。

海外産のものは添加物が非常に多く使われていることなどもあります。また海外で人気を集めている犬と、日本で人気を集めている犬には違いがあります。そういった部分から栄養が偏ってしまうことや栄養過多になってしまうこともあります。もちろん原材料として、どのような成分が使われており、どこで誰が作っているのかも分からないといった不安もあります。国産のドッグフードなら使われている材料や生産されている工場は、また工場の衛生管理状態なども把握することができますので、毎日安心して与えることができます。

海外産に比べて国産はドッグフードの価格が高いといったイメージもあるようですが、一概に言える事ではありません。国産であってもバランスに優れ、さらには価格がリーズナブルなものもあります。どのようなフードは選ぶのかは飼い主さんの判断になりますが、できるだけ安心できるものを与えた方が良い事は間違いありません。

原材料で選ぼう

ドッグフード選びをする際には、原材料にも注目してみましょう。例えば原材料と一口に言ってもお野菜ばかりを使用しているものと、お肉ばかりを使用しているものがあります。またお野菜はどんなものが使われているのかを細かくチェックしてみるのも大切です。お肉についても赤身を使っているのか、脂身が多いのかといったチェックが必要になるでしょう。ドッグフードによっては公式ホームページなどがあり、こちらで細かな原材料をしっかりと明記しています

不透明な部分があり、かわいい自分のペットに食べさせるのは不安に感じてしまうようであれば、安心できるフードを与えましょう。また原材料によって病気になりやすい、さらには、アレルギー症状が出やすいといったリスクもあります。基本的に穀類などの炭水化物は犬にとって消化が困難といわれています。健康問題に関わってきますので、穀類不使用のドッグフードを選ぶなどの注意が必要です。

分からない時にはドクターに相談する、もしくはトレーナーさんに相談しながらベストなフードをセレクトしてください。人間と同じように原材料にもしっかりとこだわりながら良いフードを食べさせてあげることで毛づやをはじめ、病気のリスクを減らし好き長年に亘って健康的な癒しをくれます。言葉を話せないペットですので、自分の大切な犬が苦しんでしまうことがないように、飼い主がフード選びに神経を使ってあげるのは当然なのです。

ドッグフードを見直してみよう

ペットを飼うためには、経済的な負担も大きくなります。毎日のように餌を与えるだけでなく定期的に予防接種を受けることや、その他シャンプーやカットなどといった部分でもコストがかかります。特に犬を飼っているという飼い主さんの場合には大きな犬になればなるほど、毎日の食事量も多くなるでしょう。そのためドッグフードはできるだけリーズナブルなものが良いと考えることもあります。

しかし金額だけでドッグフードを選んでしまうと、犬にはしっかりと栄養が届かないというケースもあります。ドッグフード選びをする際にはどのような原材料が使われているのか、国内で作られているのか、などにも目を向けてみましょう。犬の健康を維持していくためには、このような部分まで配慮することが大切になります。金額ばかりで選んでしまい、栄養が片寄れば病気になるリスクも高くなります。それぞれの犬種によってリスクの高い病気や症状が違っていますので、こういったことを踏まえた上でフード選びをしていきましょう。

またどのようにフードを与えるのかについても考えなければなりません。むやみやたらに食べさせてばかりいれば人間と同じで、肥満体質になってしまうでしょう。肥満は様々な病気を誘発しますので、肥満になってしまうと体への負担が人間よりも大きくなります。肩や腰、足など様々な部分に支障が出るので、いつまでも健康でいてほしいと思うのであれば餌について真剣に考えなくてはなりません。これから犬を飼おうと思っている方や今までは特に気にしていなかったという飼い主さんも、しっかり考え直す機会です。